ハチミツの魔法にかけられて

スピッツ大好きアラサー主婦がスピッツについて語ります

草野マサムネの歌声について語りたい

スピッツの好きなところは多々あれど、やっぱり草野マサムネ氏の歌声は外せません。

今日は、草野マサムネの歌の好きなところについて、好きなだけ語ろうと思います。

 

奇をてらわない歌い方が好き

私が中学生のころ、苦手な歌手が二組いました。B'zとサザン・オールスターズです。

その後、自分が年を重ねるにつれて大好きになっていったのですが、あの頃の純粋だった私には、どうもあの特徴的な歌い方が合わなかったようなのです。「なんで普通に歌わないの?」って本気で思ってました。

あのころの私は、ロングトーン至上主義。音の頭から最後までしっかりと音を聞かせて欲しいって思っていたんです。

当時、私は吹奏楽部に所属していたのですが、そこでも練習の中で一番ロングトーンが好きでした。ロングトーンでとにかく最初から最後まで、完璧な音を奏でることを追求していたんです。

やったことがある方なら分かってくださると思うのですが、たかがロングトーン、されどロングトーン。全然思ったとおりにいはいかないんですよね。ロングトーンも思い通りにできないのに曲を奏でるなんて無理、って思ってました。

 

あ、話がそれてしまいましたね。草野マサムネの声の話に戻りましょう。

その点、草野マサムネ氏は完璧なんです。変にリズムを揺らすこともなく、音程を変えることもなく、その美声を余すこと無く聞かせてくれる。

そこが好き。

でも、次の項で述べることにもつながるんだけど、それができるのって声の「素材」そのものがすごく美しいからなんじゃないかって思うんです。

料理でもそうだけれど、素材が良いものって、余計な手を加えずに塩だけで味わうのが一番美味しかったりするでしょう?

草野マサムネ氏の歌がシンプルに美しく心に響くのは、やっぱり声そのものが良いからなんじゃないかな。

 

太くて、でもちょっと掠れたような声の質感が好き

その草野マサムネの声について。「変わらない」とも言われるけれど、彼の声は若い頃に比べると、やっぱりちょっとずつ変わってきているように思います。

ファーストアルバムの若さ全開のツルッとしてよく抜ける声も好きだし、その声が合ってるって思う曲もたくさんあるけれど、私は今の草野さんのちょっと掠れたような質感のある声が大好きです。

本当に掠れているわけじゃなくって、ちゃんと声としての太さはありつつも、その表面だけはちょっとザラッとしている感じ。例えるような和紙を触っているような。そんな繊細な質感の声が好きで好きで。

この声なら、ずっと聞いていられます。

 

歌い終わった後の声の響きが好き

もう一つ、草野マサムネの歌の好きなところ。歌い終わった後の響きが明るいところが好きです。特に「ア」の音かな。

いや、明るいだけじゃないな。うまく言えないのですが…とにかく歌い終わりの余韻がすごく好きなんです。

スピッツって、ちょっとエロかったり、怖さを感じるような歌詞の曲もあるけれど、どの曲も毒々しさを感じることなく、サラッと聞けちゃうところがあるじゃないですか。それはメロディーが美しいっていうのもあるけれど、この最後の「響き」の美しさが一役買っている部分もあるんじゃないかと思っています。

 

あーー!!やっぱり草野さんの声の素晴らしさを文章で表現するのって難しいな。 感じていることの半分も表現できなかった気もしますが、今私の出来る限りで、思うままに綴ってみました。

また、何かスピッツについて語りたくなったら、更新したいと思います。超不定期更新です。笑

こんなブログですが、最近読者登録をしてくださった方もいらして、とても嬉しく思っています。ありがとうございます。

それでは、またいつか。

私もスピッツでできている

スピッツ結成30周年ということで、これまでの30年間のシングルを中心に集めた記念アルバムが発売になっています。


CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-(期間限定盤)[3CD]

もちろん、私もライブ会場で購入しました!

そして、こちらのシングルコレクションのCMには女優の杏さんが出演。


スピッツ『CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-』CM映像「ロビンソン」編

 

「私もスピッツでできている」

 

このコピー、秀逸すぎませんか?

「はい、もれなく私もスピッツでできています。もちろん私も買います!」ってなる。

好きな女優の杏さんもスピッツ好きっていうのが嬉しかったな。同年代だし、ますます親しみを感じました。

 

昨日ベッドの中で、この「私もスピッツでできている」について考えていました。

私もスピッツでできているのは、間違いないんだけれど、スピッツの最初の出会いってよく覚えていなくって。

 

ハマったのは高校生のころなのは覚えている。

何かのきっかけで、スピッツを聞いてみようって思ったんだよね。それが何だったのか思い出せない。

 

覚えているのは、そうそう、高校のそばのレンタルショップで真剣にスピッツのCDを選んだ記憶。

あの頃は、レンタルショップでCDを借りてきて、それをMDに録音して勉強しながら聞いていたんだよね。

私が高校生のときには、すでに「三日月ロック」まで発売されていて、その中から最初の一枚を選んだわけなんだけど、

一番最初に聞くなら知ってる曲が入ってるのがいいなぁと思って、

「ロビンソン」が入ってる「ハチミツ」か、


ハチミツ

 

「空も飛べるはず」が入ってる「空の飛び方」かで迷ったんだよね。


空の飛び方

 

で、結局両方借りたんだったかなぁ。。。

そこからスピッツいいじゃん!ってなって。ファースト・アルバムの「スピッツ」から順番に聞いてみたんです。


スピッツ

 

「ロビンソン」の頃を聞いてから手にしたファースト・アルバム「スピッツ」はなかなか衝撃的だった。草野さんの声質もなんかちょっと違ってたし、何より歌詞が濃い感じがした。 「これがスピッツなんだ!!!」っていう衝撃。びっくりしたけど中毒性があって。何度も何度も聴き込むうちに大好きになっていました。

 

そしてアルバムを順番に借りて、花鳥風月とかも聞いて、ついにたどり着いたのが「ハヤブサ」でした。


ハヤブサ

 

このアルバムは、私にとって第二の衝撃だった。ゆがんだギター満載のロック!!正直に言って、最初聞いたときはあんまり好きになれなかった。私はふわふわな音楽にちょっと不思議な詩が乗った、ポップサウンドのスピッツが好きだったから。

 

でもね、友達がこのアルバムを好きだったこともあって、何回か聴き込んでたら逆に気持ちよくなっちゃって。ロックなスピッツに目覚めるきっかけになったアルバムです。

 

ところで話は逸れるのですが、最近ちょうどスピッツと同い年くらい(つまり50歳くらい)のお友達に「スピッツにハマってて」って話したら、「え、世代違わない?」って言われたのですが、そうですかね?

私達が高校生のころって、スピッツってテレビの露出が多いバンドじゃないから、みんながみんな聞いてるわけじゃないけど、けっこう好きな人多かった印象なんだけどな。

 

そして、高校時代に好きで好きで毎日聞いてたアルバムがこれ、「三日月ロック」。


三日月ロック

 

これはこれでロックなんだけど、「ハヤブサ」よりも激しくないっていうか整えられた印象。三日月ロックは、「このアルバムのこの曲が好き!」っていうのがなくって、いや無いっていうよりか、全編通して一つの曲になっている感じが好きなのです。交響曲みたいな。

だから「夜を駆ける」の次は「水色の街」じゃなくちゃいけないし、その次は「さわって・変わって」が流れてほしい。「三日月ロック」に入っている曲を聞いたら、その次のイントロまで脳内再生されます。

スピッツにどっぷりハマるきっかけになったアルバムですね。

 

そして、私は大学生になりました。その間にMDが衰退していって、社会人になる頃にはほぼ消滅。だんだんとスピッツも聞かなくなりました。

時間にもお金にも余裕があったあの頃になぜ、スピッツのライブに行かなかったのか。本当にもったいない!!

 

結局この思いに行き着くわけです…ww

 

でも、何事もご縁ですから。きっとあの頃の私はスピッツを必要としていなかったのだろうし、今、またスピッツを大好きになったってことは何かしかの縁があってのことだと思う。過去の自分を呪うんじゃなく、今を楽しみたいと思います。

スピッツ結成30周年に寄せて~私に刺さったフレーズを集めてみた~

今年結成30周年のスピッツ。30年前の7月17日は、メンバー四人で初めてライブをやった日なんだそうです。

そこから30年、同じ四人でコツコツと変わらず音楽を私たちに届けてきてくれたことに感謝と尊敬の気持ちしかありません。

30年という節目の日にこのブログでも何か記事をアップしたいなと思っていたのですが、スピッツの歌詞の中で私に特に刺さったフレーズを集めてみることにしました。

スピッツの曲の好きなところって挙げればキリがないのだけれど、やっぱり歌詞は外せない。

草野さんの歌詞で特徴的だなぁと思うのが、たったワンフレーズで心を全部持って行かれるというか、それこそ文字どおりガーンとさせる力がある歌詞がある。しかも、それは一つや二つじゃないところがすごいなぁと思っています。

そんな私のココロとカラダに、深く深く刺さって抜けない歌詞たちを並べてみました。思い浮かべた順です。

 

”ズルしても真面目にも生きてゆける気がしたよ” チェリー

"最低の君を忘れない” 不死身のビーナス

”羊の夜をビールで洗う” ルナルナ

”君がいるのはイケナいことだ” ジュテーム?

”恋は昨日よりも 美しい夕暮れ” ”恋は迷わずに 飲む不幸の薬” 恋は夕暮れ

”広すぎる霊園のそばの このアパートは薄曇り”

”言葉ははかない” ”消えないようにキズつけてあげるよ” 猫になりたい

”君を不幸にできるのは 宇宙にただ一人だけ” 8823

”ずっと まともじゃないって わかってる” 正夢

”バスの揺れ方で人生の意味が 解った日曜日” 運命の人

”風に吹かれた君の 冷たい頬に 触れてみた 小さな午後” 冷たい頬

”君のベロの上に寝そべって 世界で最後のテレビを見てた” ”マントの怪人叫ぶ夜” テレビ

”古いアパートのベランダに立ち 僕を見おろして少し笑った” 夏の魔物

”君の名をなぞる” 春の歌

”君ともう一度会うために作った歌さ” みなと

 

まだまだありそうだけど、こんなところで。

30周年、おめでとうございます…!!